私がいなくなる日まで

勝手に命の目標を決めました。あと30 年と4ヶ月。毎日を楽しく!

スイーツ10連発③ 糖質からくる冷え、痛み

ダイエット中の急なヘルニア

ほとんど寝て過ごしています。

移動が大変ですが、座ってしまえば大丈夫なので、食べてばかり(泣)

 

今回は糖質の取り過ぎからくる冷えと、それにまつわる痛みについて書きたいと思います。

 

スイーツ10連発 第3弾

f:id:happyzz:20200205024916j:image

 

祇園辻利
f:id:happyzz:20200205024919j:image


f:id:happyzz:20200205024940j:image

 

ミラコスタ 幸せだなぁ

f:id:happyzz:20200313132755j:image


f:id:happyzz:20200205024912j:image

 

f:id:happyzz:20200205025240j:image


f:id:happyzz:20200205024931j:image


f:id:happyzz:20200205024928j:image

 

GODIVA   美味し過ぎる

f:id:happyzz:20200313114847j:image


f:id:happyzz:20200205024910j:image

 

 スイーツ10連発②で、糖質依存症について書きましたが、今回は糖質の取り過ぎからくる冷えについてです。

 

原因不明の痛みが続く場合、糖質の摂り過ぎで身体が冷え、痛みを誘引している可能性があります。

 

例えば、私の場合ヘルニアですが、ヘルニアがあっても痛みがある人とない人がいます。

この痛み、冷えも関係しているようです。

 

2017年に発症したL4/L5のヘルニアは、大学病院で手術を検討されましたが、

医師から糖質カット、ビタミン類補給の治療を勧められ、手術せずに自然治癒した経験があります。

この時、糖質による冷えを初めて知りました。

糖質の摂り過ぎからくる低血糖や、糖を分解するために使われるビタミンB群やカルシウムが不足し、冷えが生じるようです。

しかも、冷え症の方は甘い物好きな方が多く、冷え症になる程、甘い物を食べたくなるそうです。

身体を温めようとして、すぐにエネルギーになる糖質を脳が求めてしまい、ついつい甘いものを食べてしまうという悪循環です。

糖質カット治療はスイーツは勿論、果物も止めるように指導されました。

南国フルーツは暑さから身体を守る為、身体を冷やす働きがあるのは知っていましたが、南国フルーツ以外も果糖が多いためストップされました。

毎朝飲んでいた手作りスムージーも止められました。

スムージーに使う生野菜と果物が身体を冷やすそうです。

温野菜にすれば身体を温める働きに変化するので、スムージーや生サラダはキッパリ止め、お味噌汁や温野菜に変えました。

例えばトマト、生で食べると身体を冷やす野菜ですが、スープなど加熱して食べると身体を温める野菜に変化します。

身体を冷やす働きを持つ夏野菜でも、加熱することで身体を冷やす働きはなくなります。

スムージーは作るのも簡単だし、健康的なのでハマってたのですが、それが冷えを生み出していたとは…。

痛みにこんな原因が隠れていたとは意外でした。

スムージーや生野菜も健康な時には問題ないとは思いますが。

 

ただご飯には体温を上げる働きがあります。

最近は糖質制限などでご飯を食べない人が増え、体温が低い人が増えているそうです。

極端な糖質制限は逆効果なので、必要な分はしっかり摂った方がいいと思います。

 

糖質制限の指導を受けている時はキチンと守れていましたが、痛みが無くなってからは注意が足りなかったです。

今回またヘルニアが発症したのも、食生活が関係していたのかも知れません。

甘いものを控え、身体を温める食材を摂るように努めたいと思います。

にほんブログ村 病気ブログ 椎間板ヘルニアへ