私がいなくなる日まで

勝手に命の目標を決めました。あと30 年と4ヶ月。毎日を楽しく!

映画 パラサイトとキャッツ

パラサイト 半地下の家族

おもしろいと話題になっていたパラサイト。

とうとうアカデミー賞まで取ってしまい、こりゃ本当におもしろいんだなと思い、受賞の翌日映画館へ。

さすがのアカデミー賞、満席。

ここ暫くこんなに人がいる映画なんて観たことない。

すごい、真隣に人がいる〜。

いつも来るこの映画館、ほとんどガラガラなのに。

 

主人と映画に来るのも久しぶり

前回はなんだったかなぁ?

あ、たぶんラ.ラ.ランドだ。

ん?違う違う、アラジン4DXも観に行ったし、ライオンキング4DXも一緒に観たんだった。

その時はそんな事忘れてて、久しぶりに一緒に観ると思い込んだ映画に期待も高まり…

 

10分も経たなかったと思う、

「なに?この感じ…なんか失敗した気がする」

それから隣の主人に聞いてみた

「おもしろい?」

主人は首を傾げた。

だんだん嫌な気分になってきて、「あと何分?」

15分おきに主人に聞いた。

いよいよ我慢できなくなって、出ようと思ったけれど、満席。

ど真ん中に座っていて、出られない。

人の家で宴会まがいの事を始めたシーンあたりからは、泣きそうな気分になって…

「帰りたい…」

本当に最悪。

映画でこんな嫌な気持ちになったの初めて。

ひとことでいうと怖かった。

気持ちも悪かったし、後味も悪いし、不快。

ファンの方、ごめんなさい。

私は映画を観るのが怖くなったくらいです。

終わった時には、肩がガチガチ、体力は使い果たし、疲れ切っていました。

今度から疑わしい映画は、端っこに座って、いざという時はすぐ出られるようにしようと決意したのでした。

いろいろ考えさせられるという意味で、評価されたのかも知れません。

何かの象徴として表現している場面が多々あり、それをおもしろいと言うのであれば

私としては「だから何⁉️」「おかしいよ、みんな身勝手過ぎる。ただのホラーじゃん」

まだ上映してます?

ネタバレになるので、これくらいにして…。

もし観られるなら予備知識はない方がいいと思います。

 

 

CATS

ミュージカルの金字塔CATS

大好きな作品です。

全米での前評判が悪過ぎましたが、どう酷いのか逆に興味深々。

英国バレエ団のフランチェスカ・ヘイワードとスティーブン・マックレーが出ているので最初から絶対観に行くつもりでしたが、

パラサイトを先に観てしまったので、観るのが怖くて。

前評判にあった怖いとか気持ち悪いとか失神したとか、恐ろしいフレーズが、

パラサイトのトラウマと重なり、怖いって何〜!?

気持ち悪かったらどうしよう…気になって、気になって。

勇気を振り絞って映画館に。

こんな緊張して映画に行くのも初めてです。

トラウマの影響ってすごいですね。

結局、全くの杞憂、怖いなんて全くなかった。

いったいどこで失神したんだか…全く意味がわかりません。

ただそんなにおもしろくもなかったです。

catsは劇団四季は勿論、ロンドンでも観ていて、とにかく私は感動するのですが

あれ、私の感性どこいった?って心配になる程、心に響かなかったです。

舞台では、歌と踊りが心に迫ってきて、胸の高まりを確実に実感し、自分の中では感動のストーリーが出来上がり、メモリーの頃には涙する。

もうそれが当たり前なのですが、何だろう?

盛り上がらなかった。

結局の所、迫力が足りません。

改めて私は歌と踊りがどれだけ圧巻かどうかが大事な人なんだと自覚しました。

ストーリーなくても、舞台だと勝手に感じるんですが…

映画は押しつけられてる感?

 

マックレーのタップはもちろん上手いけど、もっと魅せられる筈だし、

フランチェスカヘイワードも良さが活かされてない、もったいないです。

ただ、ヘイワード、歌えるんだ…それが知れただけでも良かったです。

 

f:id:happyzz:20200312045954j:image